LIVEDOG BLOG

<< 堀商店春の新作 | main | 佐藤正午「月の満ち欠け」 >>
暴風雹その後

 

 三日前に日暮里、田端、駒込界隈を襲った雹、すごかったですね。

私はそのとき、店の二階で仕事をしていたのですが、雷雨から始まり暴風雨となり、その暴風に雹が混ざり始めたとき、大げさでなく、これがこの世の終わりの光景であるかのような恐怖を覚えました。

やがて、その雹のひと粒ひと粒がどんどん大きなものになっていき、子供の拳ほどの大きさに見えて来たと思うや、そのうちのひとつが店の入り口のテントの屋根を突き破りました。あぁ、穴があいちゃったなぁ…と思うまもなく、そのテントの屋根は機銃掃射を受けたかのように穴だらけとなり、やがてはみごとに抜けてしまったのです。

店の前に駐めてあった軽自動車も、かわいげのある小動物のいたずらのような凹みが無数にできました。

こんな事態が起きるとは…と驚くばかりです。

 

 今日テント屋さんが来てくれて見積もりを取ってもらったのですが、やはり同じような被害にあってるところが多いらしく、テント屋さんもてんてこ舞いのようで、いつ張り替えできるかわからない、もしかしたら9月の声を聞いてしまうかもしれない、とのこと。

しばらくは店頭がみすぼらしい状態で、恥ずかしい限りですが、致し方なし。お金で解決できる程度の被害で良かったと思うべきでしょう。九州などを襲った豪雨災害に比べたら「被害」などども言えない程度ですが…

 

 なんとなく不穏な気配の多い最近の夏。台風シーズンが過ぎ秋が深まる頃まで警戒の気持ちを忘れないようにしたいものです。

 

 

 

| LIVEDOGのこと | 17:39 | comments(0) | - |
コメント
コメントする









CALENDAR
S M T W T F S
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031     
<< December 2018 >>
SELECTED ENTRIES
CATEGORIES
ARCHIVES
ライブドッグのホームページ
PROFILE